和紙の布 沿革

PB209198

沿革
日付 沿革
1962年 4月 開業 織機 14台でスタート 足袋生地100%製産
1987年 3月 織機 6台増設 衣料50%資材50%
1990年 4月 織機 14台増設 〃 34台体制
1998年11月 大阪府知事表彰授与
2001年11月 和紙織物の開発着手
2002年11月 和紙布(無加工布)の紫外線100%カットの証明(財団法人 綿スフ織物検査協会)
2002年12月 和紙100%生地の開発成功
2003年 1月 物性検査―抗菌性など(無加工布が静菌活性値4.5をだす)(財団法人 綿スフ織物検査協会)
2003年 6月 生地発売開始
2004年 7月 大阪府知事表彰授与
2005年 4月 大阪府の自立支援事業に参加(2年間)
2005年10月21日 大阪心斎橋日航ホテルに直販店「イノーバ」をオープン
2007年 1月 商工会から新規事業の打診を受ける(地域資源活用事業のため地域の繊維事業者とのコラボによる山中渓駅に和紙の布工房を作り地域の活性化を図る計画)
2007年 5月 地域資源活用事業採択
2007年 6月 和紙の布協議会設立(大正紡績(株)、尾崎工業(株)、阿部織布、箕浦ニット(有)、近藤ソーイング、三澤繊維(株) 計6社 )
2008年 2月 イタリアのジェトロミラノ展2008に初出展
2008年 6月 商工会内に「和紙の布工房ショップ」オープン
2008年 7月 社名変更 阿部織布から (株)和紙の布へ
2008年 7月 泉州ビジネスプラン大賞受賞
2008年 8月 自社内にショールーム「和紙の布工房」設置
2009年 5月 経営革新支援法「経営革新計画承認企業」に認定される
2010年 5月 日本貿易振興機構 (ジェトロ)による支援決定
2011年 12月 経済産業省の繊維産業における先進的取組事例に採択
2013年 10月 間伐・間伐材利用コンクール 林野庁長官賞受賞
2015年12月 第一回ウッドデザイン賞 『奨励賞 ・審査委員長賞  』 受賞